ココイチの秘密:カレー選びの楽しさと成功の理由

なぜ、3年で4回も値上げしたココイチが好調なのか 客単価1000円を突破、驚くべき“太客”の存在(1/4 ページ) - ITmedia ビジネスオンライン

カレーチェーンのココイチが好調だ。過去に何度も値上げし、決して「安い」チェーンではないにもかかわらず、なぜ業績が伸びているのか。

カレーハウスCoCo壱番屋、通称「ココイチ」は、たくさんのご飯の量や辛さ、トッピングを選べるカレー屋さんです。

ココイチはコロナ禍の後でも元気に売上を伸ばしていて、その秘密は自由に選べるメニューの楽しさにあります。ココイチがどうして人気なのか、そして価格が上がってもどうしてみんなが通うのでしょうか。

ココイチは、自分でご飯の量や辛さ、トッピングを自由に選べる楽しいカレー屋さんです。
ポークカレーやビーフカレー、そしてソーセージやチーズなど、12億通り以上の組み合わせが楽しめます。最近、ココイチは原材料費や人件費の上昇から値段を上げていますが、それでも多くのお客さんが訪れています。

ココイチのメニューは自由度が高く、普通のカレーからとても辛いカレーまで選べます。
例えば、1辛は辛口ですが、20辛まで選べるのです。また、ご飯の量も300グラムから自由に選べ、トッピングもソーセージや野菜、納豆など様々です。この自由さが、お客さんに大人気です。

ココイチの売上はコロナ禍の後も増え続けています。
2024年2月期の売上は過去最高を更新しました。多くのお客さんが価格が上がっても訪れる理由は、カレーを自分好みに選べる楽しさにあります。

ココイチのカレーは、自分好みに選べる楽しいメニューが人気の秘密です。値上げがあっても多くの人が訪れ、売上も好調です。
値段がちょっと高くなっても、お客さんに来てもらえるような仕組みを作ることが商売を上手にする方法の1つなのかもしれませんね。

【無料オンラインイベント】8/25(日)「第3回 クイズで学ぶ!お金と社会のつながり」
詳しくはこちらまで。

記事作成者

清水 裕矢 | Shimizu Yuya
清水 裕矢 | Shimizu YuyaProgress CFO / こども未来投資プロジェクト 代表理事
山口県防府市出身。大学卒業後に学習塾講師、パソコンインストラクター/営業を経て、外資系産業ガス企業に入社。以降、複数企業・複数業種の財務経理責任者・CFO歴任。こどもの金融リテラシー講座 CA$H! 講師/カリキュラム・テキスト作成。
「会計・IT・英語があれば、仕事に困らない」がポリシー。nine inch nailsやMetal Coreを愛聴。