森林を守るための税金制度、半分以上もつかわれてない…

個人住民税に1千円上乗せ、「森林環境税」見直しの動き…先行制度の資金5割使われず : 読売新聞

【読売新聞】 森林資源の保全のため2024年度から徴収が始まる「森林環境税」を巡り、与党内で見直しの動きが本格化している。先行する制度で地方自治体に配分された…


政府が「森林環境税」という税金を考えています。この税金は、個人住民税に1,000円追加されることで徴収されます。この税金は、森林の保全に役立てられる予定です。

この計画の前に、別の税金をつかった制度を2019年に一部で実験も兼ねてスタートしました。しかし、今のところ、この税金によって集められたお金の半分以上が使われていません。そのため、政府は税金の使い道を見直す必要があると考えています。

森林環境税は、森林の大切さや炭素削減の観点から、山間地などでの要望に応えるために創設されました。税金は、森林の面積や林業で働く人の数、人口に基づいて、自治体に分けられます。

配分されたお金の一部は都市部に行く仕組みになっており、森林が少ない地域でも多くのお金が割り当てられています。一方で、森林が多い地域の自治体では、準備が整わずにお金を蓄積するケースもあります。

税金の使い道が見直されれば、納税者からの理解も得やすくなるでしょう。森林を大切にするためにも、税金の使い道についてしっかりと考える必要があります。

記事作成者

清水 裕矢 | Shimizu Yuya
清水 裕矢 | Shimizu YuyaProgress CFO / こども未来投資プロジェクト 代表理事
外国語大学卒業後に学習塾小中学文系/高校英語講師、パソコン教室インストラクター/営業を経て、2006年に外資系産業ガス会社に入社。以降17年以上複数企業にて財務経理責任者やCFOを歴任。現在も複数企業の会計アドバイザー等を務める。
こどもの金融リテラシー講座 CA$H! 講師/カリキュラム・テキスト作成。
2023年11月30日に「キッズノミクス クイズで学ぼう、お金と経済」を発売。
『「会計」「IT」「英語」があれば、社会人人生なんとかなる』がポリシー。