絶対にもうかる?信じちゃダメ

「私の300万円、終わった…」人気ファッション誌が描く投資女子のリアル - 産経ニュース

将来への不安の中でも真っ先に挙げられるお金の問題。解消策の一つに貯蓄から投資へのマインド転換があるが、時流に乗ろうとする若者の間でトラブルが後を絶たない。そん…

まず、私から言えるのは、この記事でつかわれている「投資」という言葉、実際は「投資」ではありません。うまい話をよく考えずに信じてだまされただけの話です。
投資というものは、株式投資、外貨投資、不動産投資、債券投資などいろいろありますが、「絶対にもうかる」ことはありません。

投資をする女性を「投資女子」という言葉で呼ぶことがあります。
しかし、投資詐欺のトラブルも多く起きています。ファッション誌がこの問題を取り上げることで、若者がトラブルに巻き込まれないような効果が期待されています。

SNSを通じて若者に投資話を持ちかけるケースや、マルチ商法(商品や情報を他の人に売れば、いくらかのお金が自分に入ってくると言って、高額なお金を払わせる)なども広がっています。

トラブルの相談窓口である、国民生活センターによれば、相談の半数以上が10代から20代の若者から寄せられています。若者は魅力的な話に惑わされやすいので、情報をそのまま信じないようにする必要があります。

「投資をしましょう」と政府も呼びかけていますが、それが若者を怪しいもうけ話に引き寄せる原因の一つかもしれません。

もう一度言います。「絶対にもうかる」ものはありません。投資はしっかり勉強が必要です。簡単にお金を稼げる方法がある、という話は絶対に信じないことが大切です。

記事作成者

清水 裕矢 | Shimizu Yuya
清水 裕矢 | Shimizu YuyaProgress CFO / こども未来投資プロジェクト 代表理事
外国語大学卒業後に学習塾小中学文系/高校英語講師、パソコン教室インストラクター/営業を経て、2006年に外資系産業ガス会社に入社。以降17年以上複数企業にて財務経理責任者やCFOを歴任。現在も複数企業の会計アドバイザー等を務める。
こどもの金融リテラシー講座 CA$H! 講師/カリキュラム・テキスト作成。
2023年11月30日に「キッズノミクス クイズで学ぼう、お金と経済」を発売。
『「会計」「IT」「英語」があれば、社会人人生なんとかなる』がポリシー。