熊本の若きアプリ開発者にアップル社長もびっくり!


アップルが主催する「Swift Student Challenge」というイベントで、熊本県立大学の学生、秋岡さんと山田さんが素晴らしいアプリを作りました。

秋岡さんは「Japattern Legacy」というアプリを作り、日本の日本の伝統的でんとうてき模様もようを楽しく学べるようにしました。山田さんは「結(Yui)」というアプリで、日本の伝統的でんとうてき模様もようのデザインを面白く表示できるように工夫しました。ふたりとも日本の伝統的でんとうてき模様もようのアプリですが、前もって同じテーマにするという話はしていなかったということです。すごいぐうぜんですね。

秋岡さんが開発した「Japattern Legacy」

このイベントで、秋岡さんはアップルのティム・クックCEO(最高責任者)に作ったアプリの機能きのう特徴とくちょうを説明。
ティム・クックさんからはこんなコメントをもらいました。

「人々が日本の伝統文化について学ぶお手伝いをしているのを見せてもらいましたが、とても素晴らしいことだと思います。彼女はすでに地域社会への重要な貢献を果たし、よりよい未来を形作るための後押しをしている新しい時代のアプリ開発者の一人ですね。」

アップルのティム・クックCEO

お二人は大学に入ってからプログラミングを勉強しました。そして、今は社会の問題を解決するアプリを作りたいと考えています。秋岡さんは外来魚がいらいぎょの問題に取り組み、山田さんは障害のある人々のためのアプリを開発しています。

二人は文系や理系のちがいを気にせず、課題を見つける力とテクノロジーを使う力を大切にしています。バグがあってもあきらめずに、解決することも大切にしているということです。そして将来、社会に貢献する新しいアプリを作りたいと話しています。

自分がやりたいこと、得意なことはすぐには見つからないかもしれません。だけど、この二人のように、大学に入って初めてプログラミングの勉強をして、能力がぐんぐん伸びるような人もいます。ぜひ、「将来何をしたいか」を今からでもなんとなく考え始めてみてください。

記事作成者

清水 裕矢 | Shimizu Yuya
清水 裕矢 | Shimizu YuyaProgress CFO / こども未来投資プロジェクト 代表理事
外国語大学卒業後に学習塾小中学文系/高校英語講師、パソコン教室インストラクター/営業を経て、2006年に外資系産業ガス会社に入社。以降17年以上複数企業にて財務経理責任者やCFOを歴任。現在も複数企業の会計アドバイザー等を務める。
こどもの金融リテラシー講座 CA$H! 講師/カリキュラム・テキスト作成。
2023年11月30日に「キッズノミクス クイズで学ぼう、お金と経済」を発売。
『「会計」「IT」「英語」があれば、社会人人生なんとかなる』がポリシー。