オレンジジュース、どうなってるの?

オレンジ飲料 相次ぐ販売休止 減産で輸入果汁高騰(日本農業新聞) - Yahoo!ニュース

 国内飲料メーカーによるオレンジジュース商品の販売休止が相次いでいる。主産国での減産などで世界的にオレンジ果汁が不足し、価格も高騰しているためだ。国内で流通す…

みなさんはオレンジジュースは好きですか?
オレンジジュースはとっても体にいい飲み物です。ビタミンCがたくさん入っていて、風邪をひきにくくする助けにもなります。

だけど、最近お店でオレンジジュースを見かけなくなっているかもしれません。または値段が前よりずっと高くなってたりしませんか。
それには大きな理由があるのです。

最近、日本のいくつかの飲料メーカーがオレンジジュースの販売を休止しています。

これは、世界中でオレンジ果汁が不足しているからです。日本で使われるオレンジ果汁のほとんど(約90%)は海外からの輸入ですが、特にブラジルからの輸入が減っています。

ブラジルでは、悪天候や病気がオレンジの収穫に影響を与えています。その結果、オレンジ果汁が足りなくなり、価格も上がっています。それだけでなく、円安で、今までよりももっと値段が上がっているのです。

そこで、日本のオレンジジュースを作る会社の中には、日本国内で作られたオレンジ果汁を使うように切り替える会社もでてきました。これは、日本でオレンジを作っている農家の助けになる良い機会かもしれません。でも国内の農家は高齢化などで、農作物を作る人が減っているという問題もあるのです。

オレンジとみかんは違うので、みかんジュースにすればいいじゃないという考えもあります。
だけど、みかん農家も高齢化問題があります。
また、日本は食べ物のほとんどを他の国から買っています(輸入)。野菜や果物などを作っている国が天気や戦争などで大変なことになると、日本も困るのです。

日本と他の国はいろいろなことでつながっているので、どこかの国の問題が日本の問題にもなることがある、というお話でした。

【無料オンラインイベント】6/16(日)「第2回 クイズで学ぶ!お金と社会のつながり」
詳しくはこちらまで。

記事作成者

清水 裕矢 | Shimizu Yuya
清水 裕矢 | Shimizu YuyaProgress CFO / こども未来投資プロジェクト 代表理事
山口県防府市出身。関西外国語大学卒業後に学習塾講師、パソコン教室インストラクター/営業を経て、2006年に外資系産業ガス会社に入社。以降複数企業にて財務経理責任者やCFOを歴任。
こどもの金融リテラシー講座 CA$H! 講師/カリキュラム・テキスト作成。
2023年11月30日に「キッズノミクス クイズで学ぼう、お金と経済」を発売。
「会計・IT・英語」があれば、なんとか食べていける」がポリシー。