未来のエネルギー革命!人工水晶が太陽熱を最大限活用

もう化石燃料に頼らなくてすむかも。画期的な技術が開発中 | ギズモード・ジャパン

スイスのチューリッヒ工科大学で画期的な技術が開発されつつあります。科学誌『Device』に掲載された論文によれば、地球に降り注ぐ太陽エネルギー135個分(*)を人工水晶に注ぎこんで、1000℃以上まで熱することに成功したそう。なぜ画期的って…

「化石燃料での発電を減らそう」と世界中で取り組んでいます。化石燃料とは石炭、石油、天然ガスなどのことをいいます。化石燃料を燃やすことで二酸化炭素などが発生しますが、それによって地球温暖化が進むとされていますので、それを防ぐために化石燃料を使うのを減らそうとしているのです。

チューリッヒ工科大学の研究者たちが、太陽エネルギーを使って1000℃以上の高温を作り出す新しい技術を開発中です。この技術が実用化されれば、化石燃料に頼らずに鉄やガラス、セメントなどを作ることができ、地球温暖化を防ぐための大きな一歩となるかもしれません。

太陽エネルギーの新技術

チューリッヒ工科大学の研究者たちは、人工水晶を使って太陽エネルギーを1000℃以上にする技術を開発しました。これまでの技術では太陽熱を集めても、そこまで温度を上げることができませんでしたが、この技術なら化石燃料に頼らずに高温を作り出せるのです。

サーマルトラップ効果とは?

人工水晶は、目に見える光を通しやすく赤外線を吸収しやすい特性があります。この特性を使うことで、太陽熱を効率的に集めて1000℃以上にすることができます。この現象を「サーマルトラップ効果」と呼びます。

 Device/Casati et al. から
https://www.cell.com/device/fulltext/S2666-9986(24)00235-7
実験の結果

今回の実験では、人工水晶に太陽エネルギーを当てることで、水晶の奥にあるシリコンの円盤を1050℃にまで熱することに成功しました。この技術は、ガラスや鉄、セメントなどの製造に必要な高温を作り出すのに役立ちます。

未来の産業とエネルギー

この技術が普及すれば、化石燃料を使わずにさまざまな産業が高温を必要とする製造を行えるようになります。脱炭素社会に向けた大きな一歩となるでしょう。

まとめ
  • チューリッヒ工科大学が太陽エネルギーを1000℃以上にする技術を開発
  • 人工水晶を使った「サーマルトラップ効果」が鍵
  • この技術で化石燃料に頼らない製造が可能に
  • 未来の産業プロセスがグリーンに変わる期待

この新技術は、私たちの未来のエネルギー問題を解決するかもしれません。
どうやってこの技術が産業に役立つか、そして私たちの生活がどのように変わるかを話し合ってみましょう。また、太陽エネルギーの他の利用方法についても調べてみると、もっと面白い発見があるかもしれません。

【無料オンラインイベント】6/16(日)「第2回 クイズで学ぶ!お金と社会のつながり」
詳しくはこちらまで。

記事作成者

清水 裕矢 | Shimizu Yuya
清水 裕矢 | Shimizu YuyaProgress CFO / こども未来投資プロジェクト 代表理事
山口県防府市出身。関西外国語大学卒業後に学習塾講師、パソコン教室インストラクター/営業を経て、2006年に外資系産業ガス会社に入社。以降複数企業にて財務経理責任者やCFOを歴任。
こどもの金融リテラシー講座 CA$H! 講師/カリキュラム・テキスト作成。
2023年11月30日に「キッズノミクス クイズで学ぼう、お金と経済」を発売。
「会計・IT・英語」があれば、なんとか食べていける」がポリシー。