バイバイ、日本:海外移住を考える若者たち

サヨナラ日本 5年以内に海外移住を希望する若者たち 「日本経済への不安」「賃金が低い」|まいどなニュース

「海外移住願望」を持つ日本の若者はどのくらいいるのでしょうか。オンライン英会話レッスンなどのプラットフォームを提供する『Preply』(プレプリー/米)が、「海外移住願望」に関する調査を実施したところ、現在、または今後5年以内に「日本から移…

みなさんは日本以外の国で暮らしたいと思うことはありますか。
将来は外国で仕事をしたいと思うことはありますか。

最近、海外で暮らしたいと思う日本の若者たちが増えているようです。米国のオンライン英会話サービス「Preply」が行った調査によると、18~29歳の日本人男女660人のうち、4割以上が今後5年以内に海外に移住したいと考えています。なぜこんなに多くの若者が日本を離れたいと思うのでしょうか?

若者が海外移住を考える理由

若者たちが海外移住を考える理由の一つは「賃金が低い」ことです。多くの若者が、日本での給料に不満を持っています。また、「日本の経済状況への不安」や「日本の政治に対する不信感」も理由に挙げられています。海外ではもっと良い生活や仕事のチャンスがあると考えています。

Preply提供画像より
海外移住に対する不安

しかし、海外に移住することには不安もあります。調査では、多くの若者が「お金の面」や「言葉や文化の違い」を心配しています。たとえば、海外の物価が高かったり、英語がうまく話せなかったりすることが不安の原因です。

人気の移住先

若者たちが移住したい場所としては、1位がアメリカ、2位がアイルランド、3位がハワイ、4位がグアム、5位がアイスランドが挙げられています。これらの場所は、生活しやすく、仕事のチャンスが多いとされています。

Preply提供画像より
まとめ
  • 日本の若者たちの間で海外移住が増えている
  • 賃金の低さや経済状況への不安が主な理由
  • お金や言葉の不安もある
  • アメリカやアイルランドなどが人気の移住先

あなたが将来海外で生活したいと思うか、どんな不安があるかなど、おうちの人と話し合ってみると良いでしょう。将来の夢をおうちの人と話すことは、自分のやりたいことを見つけるきっかけにもなるはずです。

【無料オンラインイベント】6/16(日)「第2回 クイズで学ぶ!お金と社会のつながり」
詳しくはこちらまで。

記事作成者

清水 裕矢 | Shimizu Yuya
清水 裕矢 | Shimizu YuyaProgress CFO / こども未来投資プロジェクト 代表理事
山口県防府市出身。関西外国語大学卒業後に学習塾講師、パソコン教室インストラクター/営業を経て、2006年に外資系産業ガス会社に入社。以降複数企業にて財務経理責任者やCFOを歴任。
こどもの金融リテラシー講座 CA$H! 講師/カリキュラム・テキスト作成。
2023年11月30日に「キッズノミクス クイズで学ぼう、お金と経済」を発売。
「会計・IT・英語」があれば、なんとか食べていける」がポリシー。