ダイソーで自由なスタイル:新しい服装ルールがスタート

「ダイソー」の大創産業、従業員の服装自由に ピアスやネイルもOK - 日本経済新聞

大創産業(広島県東広島市)は8日、100円ショップ「ダイソー」など3業態の直営店で、身だしなみの基準を緩和したと発表した。ピアスやネイルを認めるほか、派手な色や柄を禁止していた服装も原則自由とした。国…

100円ショップのダイソーでは、働くときのルールが変わって、好きな服が着られるようになります。これからはピアスやネイルもOKです。
オシャレをしながら働けるのは嬉しいことではないでしょうか。でも、どうしてダイソーはそんなルールを作ったのでしょう。

新しいルールとは?

ダイソーは2024年7月3日に、従業員の服装や身だしなみのルールをゆるくしました。これまで禁止されていた派手な服装やピアス、ネイルもOKになり、自分らしいスタイルで働けるようになったのです。この新しいルールは、ダイソーの他にも「スタンダードプロダクツ」や「スリーピー」といった系列店の従業員にも当てはまります。

自由な服装で働く理由

ダイソーがこのルールを導入した背景には、個性を尊重して働きやすい環境を作ることで、より多くの人を雇いたいというねらいがあります。

都心部の店舗では特に外国からの観光客が増えており、多言語対応ができるスタッフの採用が重要です。そのため、服装や身だしなみによる制約を減らし、いろいろな人を迎え入れることを目指しています。

どんな服装が許されるの?

新しいルールでは、仕事に問題がない範囲で清潔感のある服装が求められます。これまで髪の色も自然な黒色しか認められていませんでしたが、赤や青などの派手な色でなければ金髪などもOKになりました。これにより、従業員は自分の個性を表現しながら仕事ができるようになります。

まとめ
  • ダイソーは従業員の服装や身だしなみのルールをゆるくしました
  • ピアスやネイル、派手でない服装がOKになりました
  • 個性を尊重し、よりいろいろな人を雇うねらいがあります
  • 都心部の店舗での外国人対応強化を目指します

他の企業でも同様に、従業員の服装や身だしなみのルールをゆるくする動きが見られます。例えば、コンビニエンスストアやファーストフード店でも同じような取り組みが進んでいます。こうした動きは、より多様な人材を迎え入れ、働きやすい環境を作るための一環です。

このような、働きやすい環境が整うことで、働きたいと思う人が増えるかもしれません。おうちの方にも「働きやすい環境とは何か」「どんな職場が理想的か」について聞いてみましょう。自分が会社の社長だとして、気持ちよく働いてもらうために、会社は働く人たちにどんなことをすればよいかも考えてみてはいかがでしょう。

【無料オンラインイベント】8/25(日)「第3回 クイズで学ぶ!お金と社会のつながり」
詳しくはこちらまで。

記事作成者

清水 裕矢 | Shimizu Yuya
清水 裕矢 | Shimizu YuyaProgress CFO / こども未来投資プロジェクト 代表理事
山口県防府市出身。大学卒業後に学習塾講師、パソコンインストラクター/営業を経て、外資系産業ガス企業に入社。以降、複数企業・複数業種の財務経理責任者・CFO歴任。こどもの金融リテラシー講座 CA$H! 講師/カリキュラム・テキスト作成。
「会計・IT・英語があれば、仕事に困らない」がポリシー。nine inch nailsやMetal Coreを愛聴。