ガムよりグミが人気!でも虫歯に注意

「お口の供」になったグミ 歯科医「ガム代わりはリスク高い」 | 毎日新聞

 果汁などをゼラチンで固めた独特の食感が人気のグミ。2021年、ガムの売り上げを追い越し、リフレッシュ時の「お口の供」の代表格となった。ただ、甘酸っぱく独特の食感から、つい食べ過ぎてしまう「グミ依存」…

みなさんは、グミとガム、どちらが好きですか?前はガムのほうが人気でしたが、最近はグミのほうがかなり人気なようです。とくに若い大人に人気です。確かにコンビニやスーパーではいろいろな種類のグミが並んでいます。私もグミのほうが好きで、仕事中にグミをよく食べます。

でも、やっぱり甘いものですから虫歯になるリスクはあります。グミの魅力とリスクについて考えてみましょう。

グミの人気急上昇

グミの市場は急成長していて、2023年には972億円になりました。ガムの売上を大きく上回り、とくに社会人の間で人気があります。コロナの影響もあり、食べ終わった後のゴミが出ない点が好まれているようです。

「グミ」が人気な理由は他にも、味だけではなく食感や形など食べる楽しみが広がったり、美容・健康によい成分を付け加えたり、小腹を満たせるが罪悪感は少なかったり、とメリットが多いことが挙げられます。さらに、コロナ禍で「癒し・温もり・繋がり」を求める行動が増え、Z世代を中心にSNSで話題になったことも影響しています。

健康的なイメージの落とし穴

グミは「コラーゲン入り」や「ビタミンCたっぷり」といった健康的なイメージがありますが、実際にはとても虫歯になりやすいお菓子です。砂糖や水あめが主な原材料で、食べると歯の表面に長くついて、虫歯のリスクを高めます。

株式会社インテージ ウェブサイトより
ハードタイプのグミにも注意

かみ応えのあるハードタイプのグミも人気ですが、これも歯にダメージを与える可能性があります。強くかむことで歯の表面がすり減り、酸蝕症や知覚過敏を引き起こすことがあります。

グミの代わりにガムを

歯医者さんは、グミの代わりにキシリトール入りのシュガーレスガムをすすめています。ガムには唾液の分泌を促して、虫歯や歯周病を予防する効果があります。

グミを楽しむためのポイント

グミ好きの皆さんは、好きなものを適度に楽しむことが大切です。グミの摂取にはリスクがあることを理解し、節度を守って楽しんでください。

まとめ
  • グミの市場は急成長している
  • 健康的なイメージに注意
  • グミは虫歯のリスクが高い
  • ハードタイプのグミも歯に悪影響がある
  • 代わりにシュガーレスガムをすすめる
  • グミは適度に楽しむことが大切

最近、他のお菓子も健康志向の商品が増えています。たとえば、低糖質のスナックやプロテインバーなども人気です。
いろいろな「流行はやり」があります。どんな商品が売れるかは、単に味だけでなく、世の中の雰囲気や、有名な人が宣伝していたりテレビで取り上げられたから、などその他の理由も影響します。

自分ならどんな味の、どんなときに食べる、どんな人たちに人気になるお菓子を作るか、考えてみましょう。そこから「商売」をする人たちがどんなことを考えて、いろいろな苦労をしているかがわかるかもしれませんね。

【無料オンラインイベント】8/25(日)「第3回 クイズで学ぶ!お金と社会のつながり」
詳しくはこちらまで。

記事作成者

清水 裕矢 | Shimizu Yuya
清水 裕矢 | Shimizu YuyaProgress CFO / こども未来投資プロジェクト 代表理事
山口県防府市出身。大学卒業後に学習塾講師、パソコンインストラクター/営業を経て、外資系産業ガス企業に入社。以降、複数企業・複数業種の財務経理責任者・CFO歴任。こどもの金融リテラシー講座 CA$H! 講師/カリキュラム・テキスト作成。
「会計・IT・英語があれば、仕事に困らない」がポリシー。nine inch nailsやMetal Coreを愛聴。