本田圭佑が語る「投資したい人」と「注目テクノロジー」

投資家、本田圭佑氏の視点--注目の投資ジャンルは「国として力を注いでほしい」 - CNET Japan

サッカー元日本代表として知られる一方、投資家としての顔も持つ本田圭佑氏。1月にはシード期からシリーズAのスタートアップを対象にした「X&KSK Fund」も立ち上げるなど、積極的な活動を続ける。本田氏…

サッカー元日本代表であり、投資家としても活躍する本田圭佑さんが、注目の投資分野や理想のファウンダー像について語りました。
本田さんが重視する投資ポイントや現在注目しているテクノロジーとは?「どんな人が成功するのか?」を本田さんの話を読みながら考えてみましょう。

ファウンダーの重要性

本田さんは投資する際に、ビジネスのジャンルよりもファウンダーの情熱と行動を重視します。ファウンダーとは、新しいビジネスを始めた人のことです。特に、エンジニア出身の「オタク要素」がある人や、自分のサービスにどれだけ熱中しているかが重要です。

例えば、プロサッカー選手になりたい子供が毎日練習するように、情熱を持って行動するファウンダーが理想です。

注目のテクノロジー

本田さんが注目するテクノロジーにはAIや半導体があります。これらは個人やベンチャーキャピタルだけでなく、日本全体が国として力を入れるべき分野と考えています。ベンチャーキャピタルとは、新しいビジネスにお金を出す会社のことです。特に米国や中国などの競争相手に対抗するために、国としての取り組みが必要だと言います。

インパクト投資

本田さんは社会的・環境的なインパクトを重視した投資にも取り組んでいます。2010年に南アフリカで孤児院を訪れた際の体験がきっかけで、インパクト投資に目覚めました。現在はベンチャーキャピタルの一環として、収益だけでなく社会的影響も考慮した投資を行っています。

世界で戦うために

スポーツとビジネスには共通点があります。本田さんは、体の大きさや速さよりも、メンタルの強さが重要だと考えています。

ビジネスの場でも、相手の肩書や名前にひるまないことが成功への鍵です。常に自信を持って、自分がやれることを淡々とやり続けることが大切です。

まとめ
  • 投資ではファウンダーの情熱と行動が重要
  • AIや半導体などのテクノロジーに注目
  • インパクト投資に取り組み、社会的影響を重視
  • ビジネスでもメンタルの強さが鍵
  • 相手の肩書にひるまないことが成功の秘訣

最近、AI技術が急速に進化しており、様々な分野での応用が期待されています。AIによる自動運転車や医療診断の精度向上など、注目すべきニュースがたくさんあります。

この記事を読んで、どんな人が成功しやすいか考えてみましょう。本田さんは、なぜファウンダーの情熱や行動が重要だと思っているのでしょうか。ぜひ元の記事から、本田さんが考えていることを読み取ってください。

【無料オンラインイベント】8/25(日)「第3回 クイズで学ぶ!お金と社会のつながり」
詳しくはこちらまで。

記事作成者

清水 裕矢 | Shimizu Yuya
清水 裕矢 | Shimizu YuyaProgress CFO / こども未来投資プロジェクト 代表理事
山口県防府市出身。大学卒業後に学習塾講師、パソコンインストラクター/営業を経て、外資系産業ガス企業に入社。以降、複数企業・複数業種の財務経理責任者・CFO歴任。こどもの金融リテラシー講座 CA$H! 講師/カリキュラム・テキスト作成。
「会計・IT・英語があれば、仕事に困らない」がポリシー。nine inch nailsやMetal Coreを愛聴。