Amazon Alexa、機能追加の有料版で攻める

アマゾン、Alexa大幅刷新へ「必死の試み」 有料版も 上位版の名称は「非凡なアレクサ」(1/2) | JBpress (ジェイビープレス)

米アマゾン・ドット・コムが音声アシスタント「Alexa(アレクサ)」の大幅刷新を計画していると英ロイター通信が報じている。10年超にわたり赤字の同サービスを活性化させるため、「必死の(1/2)

みんなはAmazonのAlexa(アレクサ)を知っていますか?私の家にも3台あります。電気やテレビの電源の操作を声でしたり、3分タイマーをセットしたり、ちょっとしたニュースを流したり、とても便利です。

Amazonはこの音声アシスタント Alexaを大きく変えようとしています。無料版と有料版の2つに分けて、有料版はもっと便利になるということです。

アレクサの大刷新

アマゾンは音声アシスタント「Alexa」を無料版と有料版の2つに分ける予定です。無料版は「Classic Alexa」、有料版は「Remarkable Alexa」と呼ばれ、月額5ドル(約800円)から利用できるようになります。

有料版アレクサの新機能

新しいアレクサは、メールの作成や食事の注文など、複数のタスクを一度にこなせるようになります。また、「アレクサ」と何度も呼ぶ必要がなくなり、より個人に合わせた対応が期待できます。さらに、家電の操作も学習して、便利に使えるようになります。

収益化への挑戦

アマゾンは、2024年8月までに新しいアレクサの開発を完了することを目指しています。これまで赤字だったアレクサを収益化するため、アマゾンは全力を尽くしています。

競合との戦い

アマゾンが急いでいる理由の一つは、他の企業も新しいAI技術を次々と発表しているからです。オープンAIの「GPT-4o」や、グーグルの「Gemini 1.5 Flash」、アップルの「Apple Intelligence」など、ライバルも次々と新しい技術を導入しています。

課題と期待

アマゾンはAI開発でいくつかの課題に直面していますが、今回の大刷新でどれだけ多くのユーザーが有料版を利用するかが注目されています。

まとめ
  • アマゾンがAlexaを無料版と有料版に分ける計画
  • 有料版は月額5ドルから利用可能
  • 新しい機能で複数のタスクをこなせる
  • 収益化を目指して2024年8月までに開発完了予定
  • 競合他社も新技術を次々と発表

今まで無料で使えたものが有料になったとき、みんなはどう感じますか?どんなときにお金を払う価値があると思うでしょう?
企業はお金を稼がなければいけません。なぜ無料版もあるのか、考えてみると経済というものが見えてきます。

【無料オンラインイベント】8/25(日)「第3回 クイズで学ぶ!お金と社会のつながり」
詳しくはこちらまで。

記事作成者

清水 裕矢 | Shimizu Yuya
清水 裕矢 | Shimizu YuyaProgress CFO / こども未来投資プロジェクト 代表理事
山口県防府市出身。大学卒業後に学習塾講師、パソコンインストラクター/営業を経て、外資系産業ガス企業に入社。以降、複数企業・複数業種の財務経理責任者・CFO歴任。こどもの金融リテラシー講座 CA$H! 講師/カリキュラム・テキスト作成。
「会計・IT・英語があれば、仕事に困らない」がポリシー。nine inch nailsやMetal Coreを愛聴。