再び訪れる日本への旅、希望と課題

中国人の日本への団体旅行 中国政府きょうから解禁 3年半ぶり | TBS NEWS DIG (1ページ)

新型コロナの感染拡大後に停止していた中国人の日本への団体旅行について、中国政府がきょうから解禁する方針を日本政府に伝達していたことが分かりました。中国政府はコ…

新型コロナウィルスが広がった後、中国人の団体旅行が一時的に止まっていました。中国は新型コロナウィルスの問題で外国への旅行を制限していましたが、今年2月から段階的に制限を緩めてきました。

しかし、中国政府が日本への団体旅行を再開することを決めて、日本政府に伝えられたとのことです。これは3年半ぶりに中国から日本への団体旅行が再開されることになります。ただ、具体的な始まりの時期はまだ分かりません。以前は、中国からの観光客が日本の観光業の約3割を支えていました。だから、再開することで日本の観光業が元気を取り戻すかもしれません。でも同時に、ホテルなどで人手不足が問題になっているし、急にたくさんの人が来る場合には対応が大変かもしれません。

しかし同時に、観光客の急増によって観光公害と呼ばれる問題も生じる可能性があります。観光公害とは、大勢の観光客が一箇所に集中することで環境や地域社会に悪影響を及ぼすことを指します。具体的には、ごみの増加や交通渋滞、資源の過剰利用などが挙げられます。

人手不足や観光公害への問題に上手に対応できるかが重要になりそうです。

記事作成者

清水 裕矢 | Shimizu Yuya
清水 裕矢 | Shimizu YuyaProgress CFO / こども未来投資プロジェクト 代表理事
外国語大学卒業後に学習塾小中学文系/高校英語講師、パソコン教室インストラクター/営業を経て、2006年に外資系産業ガス会社に入社。以降17年以上複数企業にて財務経理責任者やCFOを歴任。現在も複数企業の会計アドバイザー等を務める。
こどもの金融リテラシー講座 CA$H! 講師/カリキュラム・テキスト作成。
2023年11月30日に「キッズノミクス クイズで学ぼう、お金と経済」を発売。
『「会計」「IT」「英語」があれば、社会人人生なんとかなる』がポリシー。