バカ売れハンバーガーの秘密!ドムドムの挑戦

1890円でもバカ売れ!ドムドムハンバーガーが「異色商品」連発で業績急上昇中 | Asagei Biz-アサ芸ビズ

 最盛期には400以上もあった店舗が27にまで減小した「ドムドムハンバーガー」が、復活の兆しを見せているという。 3月には期間限定で「ベーコンエッグバーガー」を発売し、セット価格が1030円という設定ながら、大人気となった。この勢いに乗じて

ハンバーガーショップと聞いて、どの店を思い浮かべますか。どの店がお気に入りですか。
マクドナルド、ロッテリア、フレッシュネスバーガー、モスバーガー、バーガーキング… いろいろありますね。

最近、SNSを中心に注目されているのが「ドムドムハンバーガー」です。ちょっと変わったメニューで、若い人たちの間で人気になっています。
今回はドムドムハンバーガーがどんな工夫をして、どんどん売り上げを伸ばしているのかを紹介します。

ポイント
  • 新しいメニューの工夫
  • SNSやコラボレーションの活用
  • プレミアム店舗のオープン
  • ユニークなハンバーガーの人気

かつて400店舗以上あったドムドムハンバーガーは、今は27店舗にまで減ってしまいましたが、最近の取り組みで再び注目を集めています。
3月には「ベーコンエッグバーガー」を期間限定で販売し、大好評となりました。4月には「バジルチーズフィッシュバーガー」を新しく販売し、こちらもとても人気があります。

SNSをたくさん使ったり、洋服のお店とコラボレーションしたりすることで、新しいことに挑戦した結果、もうかるようになりました。2022年7月には銀座に新しいお店「ドムドムハンバーガーPLUS」をオープンし、特別なハンバーガーが人気を集めています。

特に注目されているのが、最高値の「和牛バーガー ゴルゴンゾーラ&マッシュルーム」(1890円)や、ユニークな「丸ごとカニバーガー」(1690円)です。これらのハンバーガーは見た目も味もインパクトが強く、遠くから来るお客さんも多いです。

丸ごとカニバーガー
ドムドムバーガー公式サイトより

ドムドムハンバーガーは、新しいメニューやSNSでの宣伝など、色々な工夫をして、再び注目を集めるようになりました。ハンバーガー業界での競争は激しいですが、ドムドムのようなユニークな取り組みが成功のカギとなるかもしれません。家族でハンバーガーについて話し合いながら、食べてみたいメニューを決めるのも楽しいですね!

これからもどんな工夫が登場するのか楽しみに、注目してみませんか。

【無料オンラインイベント】6/16(日)「第2回 クイズで学ぶ!お金と社会のつながり」
詳しくはこちらまで。

記事作成者

清水 裕矢 | Shimizu Yuya
清水 裕矢 | Shimizu YuyaProgress CFO / こども未来投資プロジェクト 代表理事
山口県防府市出身。関西外国語大学卒業後に学習塾講師、パソコン教室インストラクター/営業を経て、2006年に外資系産業ガス会社に入社。以降複数企業にて財務経理責任者やCFOを歴任。
こどもの金融リテラシー講座 CA$H! 講師/カリキュラム・テキスト作成。
2023年11月30日に「キッズノミクス クイズで学ぼう、お金と経済」を発売。
「会計・IT・英語」があれば、なんとか食べていける」がポリシー。