こどもの数が過去最低に!日本の未来はどうなる?

子どもの数、最少の1401万人 総人口比率は最低の11.3% - 日本経済新聞

総務省は4日、5月5日の「こどもの日」を前に人口推計から算出した子どもの数を発表した。15歳未満の男女は4月1日時点で前年より33万人少ない1401万人となった。43年連続で減少し、比較可能な1950年以降の最少記録を更新した。総人口に占め…

日本の人口がどんどん減っているという話は新聞やニュースなどで見たり聞いたりしたことがあると思います。

1年前にもこどもが減っているという記事を書いたのですが、1年前よりも減っています。

出生率、過去最低…

日本の人口が減っている、という話を最近よく聞きませんか。 厚生労働省が公表した2022年の、1人の女性が一生のうちに産む子どもの数を表す「合計特殊出生率」は、1.26でした。これは過去最低の水準となりました。 しかも 7 […]

最新の調査で、日本のこどもの数がさらに減って、今までで一番少ないことがわかりました。
総務省が発表した最新のデータによると、日本の15歳未満のこどもの数は、2024年4月1日時点で1401万人と過去最少を記録しました。これは前年より33万人も減少し、1950年以降で最も少ない数です。こどもたちの数が減り続ける中で、日本の未来について一緒に考えてみましょう。

子どもの数が減少している理由

こどもの数は年齢が低いほど少なくなっています。たとえば、12〜14歳の子どもは317万人いるのに対し、0〜2歳のこどもは235万人しかいません。これは出生率が低下しているためです。1950年にはこどもの数が総人口の3分の1を超えていましたが、それ以来減少し続けています。

高齢者の割合が増えている

一方で、65歳以上の高齢者の割合は増え続けています。1950年には高齢者の割合は4.9%でしたが、2024年には29.2%に達しました。1997年以降は、こどもの数よりも高齢者の数の方が多くなっています。

「人口ピラミッド」(国立社会保障・人口問題研究所)
他の国と比べた日本の状況

日本のこどもの比率は他の国と比べても低い11.3%です。国連のデータによると、人口4000万人以上の37カ国の中で、日本よりこどもの比率が低いのは韓国だけです。

たとえば、アメリカではこどもの比率が17.7%、インドでは24.9%です。

都道府県別のこどもの数

2023年10月1日時点で、47都道府県すべてでこどもの数が前年より減少しました。こどもの数が100万人を超えるのは東京都と神奈川県だけです。
こどもの割合が最も高いのは沖縄県で16.1%、最も低いのは秋田県で9.1%です。

子ども人口時計

こどもの数が「0」になるまであと何年かを計算している東北大学のウェブサイトがあります。この記事を書いている時点では2720年(あと約700年)で「0」になる計算です…

Research Center for Aged Economy and Society, TOHOKU University, JAPAN 少子高齢社会の経済分析 - 子ども人口時計 Japanese Children Counting Clock

2024/04/22 2024年版「子ども人口時計」を公表しました 2024/04/08 2024年1月1日時点の臨時子ども人口時計は、こちら。 2023/04/08 子ども人口時計2024年版は2024.04.21以降に掲載の予定です。 …

まとめ
  • 日本のこどもの数は過去最少の1401万人
  • こどもの数は年齢が低いほど少ない
  • 高齢者の割合が増え続けている
  • 日本のこどもの比率は他の国と比べて低い
  • すべての都道府県でこどもの数が減少

日本のこどもの数が減っていることは、将来の社会に大きな影響を与えます。
少子高齢化が進むと、働く人が少なくなり、会社ももうからなくなり、経済に悪い影響をあたえます。おうちの人と日本の未来について話し合い、どうすればもっとこどもたちが増える社会になるか考えてみましょう。人口が増えることはないかもしれませんが、減っていく中でも日本の経済が発展するには何が必要なのかを考えることが、今の大人、そして未来をつくっていくみなさんにも大切になるでしょう。

人口減少問題についての動画はこちら。

YouTube player

記事作成者

清水 裕矢 | Shimizu Yuya
清水 裕矢 | Shimizu YuyaProgress CFO / こども未来投資プロジェクト 代表理事
山口県防府市出身。関西外国語大学卒業後に学習塾講師、パソコン教室インストラクター/営業を経て、2006年に外資系産業ガス会社に入社。以降複数企業にて財務経理責任者やCFOを歴任。
こどもの金融リテラシー講座 CA$H! 講師/カリキュラム・テキスト作成。
2023年11月30日に「キッズノミクス クイズで学ぼう、お金と経済」を発売。
「会計・IT・英語」があれば、なんとか食べていける」がポリシー。