メルカリ ハロが急成長!みんなに優しい新しい働き方

「メルカリ ハロ」の勢いが止まらない…登録者数が3カ月で500万人を突破 | TECH+(テックプラス)

フリマアプリのメルカリは5日、同社が提供するスポットワークサービス「メルカリ ハロ」の登録者数が、サービス提供開始から3カ月弱で登録者数が500万人を突破したことを発表した。スポットワーク業界全体も拡大しており、スポットワーク協会によると、登録会員数は5月末時点で約2200万人となった。

みんなが知っているフリマアプリ「メルカリ」から、新しい働き方を提案するサービス「メルカリ ハロ」が出ました。このサービスが始まってからわずか3ヶ月で、登録者数が500万人を超えたのです。

最近、メルカリ ハロのような働きやすい環境を作るサービスが増えています。宅配サービス「Uber Eats」も好きな時間に働けることで人気があります。自分の時間をうまく使ってお仕事ができるサービスはいろいろあるのですが、「メルカリ ハロ」がどうしてこんなに人気なのか、一緒に見てみましょう!

メルカリ ハロって何?

「メルカリ ハロ」は、みんながよく使っているフリマアプリ「メルカリ」の中で、仕事を探せるサービスです。18歳以上のユーザーは、面接や履歴書なしで、好きな時間に働ける仕事を見つけられます。
コンビニやカフェ、お店や倉庫など、いろいろな仕事があるので、自分に合った仕事を選べます。

登録者数が急増!

「メルカリ ハロ」は今年3月に始まり、たった16日で100万人の登録者が集まりました。そして1ヶ月で250万人、3ヶ月で500万人を超えました。このスピードはとても速く、他のスキマ時間で働ける仕事を探すサービスと比べても特別です。

どうしてこんなに人気?

調査によると、「自分の都合の良い時間に働ける」ことが、登録者の34.3%にとって大きな理由です。
また、登録者の約3人に1人が会社員や団体職員で、アルバイトでお金を稼ぎたい人たちが多いようです。さらに、40代以上の登録者が全体の約4割を占めており、多くのスキマ時間労働初心者が「メルカリ ハロ」を使っています。

2030年問題にも役立つかも

「メルカリ ハロ」は、働く人が減っていくことでサービスが悪くなる「2030年問題」にも役立ちそうです。多くの人が自由な時間に働けることで、人手が足りなくなるサービスを支えることができるでしょう。

2030年問題についてはこちらの記事も読んでみてください。

スキマバイトと人手不足(2030年問題)

スキマバイトを探せるサービスが最近増えています。「スキマバイト」とは、空いた時間を利用して行うアルバイトのことです。スキマバイトは、自分の生活や他の仕事に合わせて、自由にスケジュールを決められます。普通に仕事をしながら、 […]

まとめ
  • 「メルカリ ハロ」は3ヶ月で500万人の登録者を獲得
  • 面接や履歴書なしで好きな時間に働ける
  • 登録者の34.3%が自分の都合で働けることが理由
  • 40代以上の初心者も多い
  • 2030年問題にも役立つ可能性

「メルカリ ハロ」のような新しい働き方は、これからの未来の働き方を大きく変えるかもしれません。おうちの方に、スキマ時間にどんな仕事をしてみたい、どんな仕事ができそうかを聞いてみてください。そして、働くことの楽しさや大切さについてもいっしょに考えてみませんか。

メルカリ ハロ :: ちょっとだけ働くを気軽に!空き時間おしごとアプリ「メルカリ ハロ」

メルカリ ハロは好きな時間に最短1時間から働ける「空き時間おしごとアプリ」です💡 仕事を探して、働いて、給与をもらって...のすべてがスマホひとつでかんたん!

【無料オンラインイベント】6/16(日)「第2回 クイズで学ぶ!お金と社会のつながり」
詳しくはこちらまで。

記事作成者

清水 裕矢 | Shimizu Yuya
清水 裕矢 | Shimizu YuyaProgress CFO / こども未来投資プロジェクト 代表理事
山口県防府市出身。関西外国語大学卒業後に学習塾講師、パソコン教室インストラクター/営業を経て、2006年に外資系産業ガス会社に入社。以降複数企業にて財務経理責任者やCFOを歴任。
こどもの金融リテラシー講座 CA$H! 講師/カリキュラム・テキスト作成。
2023年11月30日に「キッズノミクス クイズで学ぼう、お金と経済」を発売。
「会計・IT・英語」があれば、なんとか食べていける」がポリシー。