なぜマクドナルドはトマトを使わないの?

なぜマクドナルドは頑なにトマトを使わないのか?複雑かつ奥深い理由 | ビジネスジャーナル

大手ハンバーガーチェーンのマクドナルドは、なぜ頑なにバーガーの中にトマトを入れないのか、という疑問が一部で話題となっている。競合するモスバーガーやバーガーキングは主力メニューに生のトマトを使用しているが、マクドナルドがそのような姿勢を貫いているのには何か理由があるのか。

みなさんはハンバーガーが好きですか?マクドナルドでハンバーガーを買うことはありますか?

モスバーガーなどのハンバーガーショップのハンバーガーにはトマトが入っていることがありますね。トマトはおいしくて、ハンバーガーに入っていると色もきれいになります。でも、マクドナルドのハンバーガーにはほとんどトマトが入っていません。なぜでしょう?その理由を一緒に考えてみましょう!

マクドナルドの考え方

マクドナルドは他のハンバーガーショップとは違って、ほとんどのメニューにトマトを使っていません。トマトはおいしいけれど、値段が高くて、季節によって価格が変わりやすいのです。また、トマトをスライスすると形がばらばらになりやすくて、使えない部分が出てしまいます。

トマトをハンバーガーに使うと良くないこと

トマトを切ると水分が出て、ハンバーガーが水っぽくなってしまいます。さらに、パンに挟むと紙に汁がしみてしまうこともあります。これらの理由から、マクドナルドはトマトを使わないことを選んでいます。

マクドナルドの強み

マクドナルドのハンバーガーは、牛肉100%のパティが特長です。トマトを入れると、牛肉の味が薄くなってしまうので、あえて使わないことにしています。また、値段を安くするためにも、トマトを使わないことが大事です。

まとめ
  • トマトは高くて、季節によって値段が変わる
  • 切ると形がばらばらになりやすい
  • ハンバーガーが水っぽくなる
  • マクドナルドのハンバーガーは牛肉の味が特長

マクドナルドがトマトを使わない理由、わかりましたか?トマトの値段や質の問題があるからです。トマトを使わなくてもおいしいハンバーガーを作る工夫をしているのですね。家族でマクドナルドのハンバーガーを食べるときに、なぜトマトが入っていないのか話してみると楽しいかもしれません。

食べ物の裏にある工夫や考え方を知ることができると、もっと楽しく食事ができるようになるのではないでしょうか。

【無料オンラインイベント】6/16(日)「第2回 クイズで学ぶ!お金と社会のつながり」
詳しくはこちらまで。

記事作成者

清水 裕矢 | Shimizu Yuya
清水 裕矢 | Shimizu YuyaProgress CFO / こども未来投資プロジェクト 代表理事
山口県防府市出身。関西外国語大学卒業後に学習塾講師、パソコン教室インストラクター/営業を経て、2006年に外資系産業ガス会社に入社。以降複数企業にて財務経理責任者やCFOを歴任。
こどもの金融リテラシー講座 CA$H! 講師/カリキュラム・テキスト作成。
2023年11月30日に「キッズノミクス クイズで学ぼう、お金と経済」を発売。
「会計・IT・英語」があれば、なんとか食べていける」がポリシー。