ミッキーマウスが自由に!パブリックドメインで創造の扉が開く

初代ミッキーマウス、米で著作権切れ ホラーゲーム広告も早速公開 | 毎日新聞

 米ディズニーの人気キャラクター、ミッキーマウスのオリジナル版が著作権切れを迎え、米国で1日からパブリックドメイン(公的財産)となった。基本的に誰でも2次創作な…

米国で、ディズニーの有名なキャラクター「ミッキーマウス」の最初のバージョンが著作権ちょさくけん切れになりました。これで「ミッキーマウス」はパブリックドメイン、つまり公的財産になりました。パブリックドメインとは、誰でも自由に使える作品のことです。このおかげで、みんながこの「最初のミッキーマウス」を自由に使って新しい作品を作ることができます。

アメリカ ウェルトディズニーウェブサイトより

ただし、注意が必要なのは、今回パブリックドメインになったのは1928年の「蒸気船ウィリー」という映画に出てくるミッキーマウスだけです。この映画のミッキーマウスは、今のミッキーマウスとは少し違って、白い手袋をはめていません

でも注意!ディズニーはミッキーマウスの名前やデザインを商標登録しょうひょうとうろくしているため、気を付けなければなりません。商標権とは、特定の名前やマークを使う権利で、他の人が同じものを使わないように守るためのものです。だから、このキャラクターをそのまま使ったり、自分の作品に「ミッキーマウス」という名前をつけてはいけないのです。

以前に「くまのプーさん」の原作小説がパブリックドメインになった時、プーさんを使ったホラー映画が作られましたが、そのときも商標権に注意する必要がありました。だから、新しく作る作品でミッキーマウスを使うときは、法律に気を付けながら楽しく作品を作ることが大切です。

こちらはChat GPTに「蒸気船のウィリーに出てくるキャラクターを使ったイラストをかけますか」とお願いしたら作ってくれました。いかがでしょう。

オリジナルのミッキーマウスっぽさを残しながら人間に変えてくれました。これは一例ですが、これから昔の作品の権利が切れて、自由に使えるようになることが増えるでしょう。皆さんの想像力を、昔の素晴らしい作品とかけ合わせると、さらに良い作品ができるかもしれませんね。

記事作成者

清水 裕矢 | Shimizu Yuya
清水 裕矢 | Shimizu YuyaProgress CFO / こども未来投資プロジェクト 代表理事
外国語大学卒業後に学習塾小中学文系/高校英語講師、パソコン教室インストラクター/営業を経て、2006年に外資系産業ガス会社に入社。以降17年以上複数企業にて財務経理責任者やCFOを歴任。現在も複数企業の会計アドバイザー等を務める。
こどもの金融リテラシー講座 CA$H! 講師/カリキュラム・テキスト作成。
2023年11月30日に「キッズノミクス クイズで学ぼう、お金と経済」を発売。
『「会計」「IT」「英語」があれば、社会人人生なんとかなる』がポリシー。