大騒動!お店のストライキと新しいオーナー

そごう・西武労組あすスト突入、7&i側から売却回避確約取れず - Bloomberg

セブン&アイ・ホールディングス(7&iHD)傘下の百貨店子会社そごう・西武労働組合は30日、ストライキを決行する意向を明らかにした。7&iHDから米投資ファンド…

セブン&アイ・ホールディングスという会社があります。
コンビニの「セブンイレブン」、スーパーの「イトーヨーカ堂」って知っていますよね。ほかにもコンサートチケットなどを売っている「ぴあ」なんかもセブン&アイ・ホールディングスの会社です。

このセブン&アイ・ホールディングスが、そごう・西武っていう東京などにある百貨店を売ることになったのです。。でも、お店の人たちは、百貨店を売る条件じょうけんが気に入らなくて、そごう・西武池袋本店では、8月31日にストライキ(仕事をせずに抗議こうぎすること)をすることを決めました。お店を売ったあとにどんなお店を置くかとか、働いている人たちが今後も仕事を続けられるかなどの条件が納得できないということです。

そごう・西武本店(池袋)
そごう・西武サイトより

ストライキになると、お店は閉まることになります。新しいお店の持ち主は「フォートレス・インベストメント・グループ」というアメリカの会社だけど、最初は2,500億円で買うという話が、2,200億円くらいに値段が下がったみたいです。また、セブン&アイ・ホールディングスはこれまでそごう・西武に1,600億円ほどお金を貸していましたが、そのうち900億円は返さなくてもいいという話になっています。ですので、実際に売ってもらえるお金の額は2,200億円よりもけっこうへってしまいそうです※。

新型コロナウイルスの流行で、百貨店は売上やもうけが大きく下がりました。それで、セブン&アイ・ホールディングスはそごう・西武を売ることにしたのです。そごう・西武を買うフォートレス・インベストメント・グループは、電気製品などを売っているヨドバシと組んで、そごう・西武を復活させようと考えているのですが、それによって、今ある店がなくなる可能性もあるのです。それで、働いている人たちは仕事がなくなるかもしれないという不安から、今回のストライキをすることになりました。

会社やお店で働いていると、自分ではどうにもできない事が起きて、今まで通り働けなることもあるのです。大人の世界でも、考え方や意見の違いでこういった問題が起きることもあります。この問題がどんなふうに解決するのか、ぜひ見守ってみてください。

※2023/9/1追記
セブン&アイ・ホールディングスがそごう・西武を売った金額は8500万円くらいになったということです。2,200億円という話でしたが、そごう・西武がしていた借金などを引いたら8,500万円くらいになりました…
参考:https://mainichi.jp/articles/20230901/k00/00m/020/129000c

記事作成者

清水 裕矢 | Shimizu Yuya
清水 裕矢 | Shimizu YuyaProgress CFO / こども未来投資プロジェクト 代表理事
外国語大学卒業後に学習塾小中学文系/高校英語講師、パソコン教室インストラクター/営業を経て、2006年に外資系産業ガス会社に入社。以降17年以上複数企業にて財務経理責任者やCFOを歴任。現在も複数企業の会計アドバイザー等を務める。
こどもの金融リテラシー講座 CA$H! 講師/カリキュラム・テキスト作成。
2023年11月30日に「キッズノミクス クイズで学ぼう、お金と経済」を発売。
『「会計」「IT」「英語」があれば、社会人人生なんとかなる』がポリシー。