飛行機の燃料不足で海外からの旅行客はどうなる?

燃料確保できず航空会社2社が国際線の運航取りやめ 新千歳空港 | NHK | 航空

【NHK】航空機の燃料が確保できず国際線の運航を取りやめる動きが相次ぐなか、ことしの冬に新千歳空港との間で季節限定の定期便を計画し…

海外の航空会社 燃料確保できず増便見合わせ 斉藤国交相「スピード感持って対応」 | NHK | 航空

【NHK】インバウンド需要が回復する中、海外の航空会社が航空機の燃料を確保できないことを理由に日本への増便などを見合わせる動きが相…

みなさんは旅行するのが好きですか?
コロナウィルスの大流行が落ち着いて、日本に旅行に来る外国人が増えているというニュースはここ1年くらいでよくニュースになっています。
でも、飛行機の燃料が足りないため、便が増やせないという問題が出てきました。どうしてこんなことが起こっているのでしょうか?

インバウンド需要の回復と燃料不足

日本に来る外国人旅行者が増えている中で、海外の航空会社が飛行機の燃料を確保できないために、便を増やすことができない問題が起きています。

燃料不足の原因

製油所から空港近くまで燃料を運ぶ船が足りないため、地方空港で燃料が足りなくなることが原因です。これにより、北海道の新千歳空港では、オーストラリアとシンガポールの航空会社が冬の季節限定便を運航できなくなっています。

対策と政府の目標

政府は、2030年までに日本を訪れる外国人旅行者を6000万人に増やす目標を持っていますが、燃料不足がこの目標の達成を妨げる可能性があります。そこで、関係者は会議を開き、空港の燃料タンクを増やしたり、燃料を運ぶ船を大型化するなどの対策を検討しています。

燃料不足の影響

北海道の新千歳空港では、燃料が確保できないために、冬の季節限定の定期便が運航できない事態が起こっています。これにより、北海道の冬の観光シーズンにも影響が出るかもしれません。

まとめ
  • 外国人旅行者が増えているが、飛行機の燃料不足が問題
  • 燃料を運ぶ船が足りないため、地方空港で燃料不足が発生
  • 政府は2030年までに外国人旅行者を6000万人に増やす目標を持っているが、燃料不足が課題
  • 対策として、燃料タンクの増設や船の大型化が検討されている
  • 北海道の新千歳空港では、冬の季節限定便が運航できなくなる影響が出ている

今回の話題を通じて、飛行機や旅行に関すること、またはエネルギーの使い方について考えてみませんか?最近では、使用済みの油を集めて航空機の燃料として使える「SAF」という代替燃料を作ることも始まっています。

回転寿司のスシロー「料理に使った油から飛行機の燃料を作る」

大阪の「スシロー」は、使用済みの油を集めて、航空機の燃料として使える「SAF」という代替燃料を作ります。 SAFとは「Sustainable Aviation Fuel」の略で、日本語では「持続可能な航空燃料」と訳します […]

なぜ燃料不足が起こるのか、その影響をどうやって減らすことができるのか考えてみましょう。経済やビジネスの仕組みについて理解を深めるいい機会になるかもしれません。

【無料オンラインイベント】8/25(日)「第3回 クイズで学ぶ!お金と社会のつながり」
詳しくはこちらまで。

記事作成者

清水 裕矢 | Shimizu Yuya
清水 裕矢 | Shimizu YuyaProgress CFO / こども未来投資プロジェクト 代表理事
山口県防府市出身。大学卒業後に学習塾講師、パソコンインストラクター/営業を経て、外資系産業ガス企業に入社。以降、複数企業・複数業種の財務経理責任者・CFO歴任。こどもの金融リテラシー講座 CA$H! 講師/カリキュラム・テキスト作成。
「会計・IT・英語があれば、仕事に困らない」がポリシー。nine inch nailsやMetal Coreを愛聴。