電車の紙きっぷはQRコードに変わるって

JR東や西武、京急など8社、磁気乗車券廃止→QR乗車券に 共同サーバで管理 - ITmedia NEWS

JR東日本と京成、西武、東武など8社は、磁気乗車券を廃止し、QRコードを使った乗車券に置き換えると発表した。

この前、熊本県のバスや電車でICカードが使えなくなるという話を紹介しました。

さよなら交通系ICカード!熊本県でタッチ決済導入へ

みんなはバスや電車に乗るとき、どうやって払っていますか。お金ではなくICカードでピッと支払いをしている人も多いのではないでしょうか。でも、熊本県ではそのICカードが使えなくなるそうです。代わりに新しいタッチ決済という方法 […]

今回は東京近辺の鉄道会社が紙のきっぷをやめるというニュースです。今は紙のきっぷやICカードを使っているけど、これからはQRコードでの支払い方法になるのです。

JR東日本や京成電鉄などの8つの鉄道会社は、2026年から紙のきっぷをやめて、QRコードを使うことに決めました。QRコードは、スマートフォンなどで読み込むとウェブサイトに飛んだりできる、白黒の四角い模様のことです。

交通系ICカードがない場合、今までは、紙のきっぷを買って改札機に入れていました。でも、QRコード乗車券は改札機にタッチするだけでいいんです。ICカードと同じで簡単、便利ですね。

今回、QRコードにすることで便利になることがあります。QRコードのきっぷの情報は、8つの鉄道会社が一緒に使うコンピュータで管理されます。これによって、どの会社の電車にも1つのQRコードで乗れるようになります。たくさんのきっぷを持たなくてもいいのでとても便利です。

今の紙のきっぷは作るのにお金がかかるし、捨てるときに大変です。でも、QRコードならお金があまりかからず、環境にも優しいのです。さらに紙のきっぷが改札機につまって、が壊れることも少なくなります。

今はほとんどの人がICカードを使っていますが、QRコード乗車券はICカードを持っていない人にも便利です。QRコード乗車券の詳しいことは、また今度発表されます。

まとめ
  • 電車の紙キップがQRコードのキップに変わる
  • 改札機にタッチするだけで電車に乗れる
  • 電車の会社からすると、お金があまりかからず環境にも優しい
  • 紙のキップがつまって改札機が壊れるってことがなくなる

QRコード乗車券は、簡単で環境に優しい新しいきっぷです。これからはQRコードをタッチするだけで電車に乗れるようになります。QRコードの便利なところと環境に優しいところを、ぜひおうちのかたといっしょに話してみてくださいね。

【無料オンラインイベント】8/25(日)「第3回 クイズで学ぶ!お金と社会のつながり」
詳しくはこちらまで。

記事作成者

清水 裕矢 | Shimizu Yuya
清水 裕矢 | Shimizu YuyaProgress CFO / こども未来投資プロジェクト 代表理事
山口県防府市出身。関西外国語大学卒業後に学習塾講師、パソコン教室インストラクター/営業を経て、2006年に外資系産業ガス会社に入社。以降複数企業にて財務経理責任者やCFOを歴任。
こどもの金融リテラシー講座 CA$H! 講師/カリキュラム・テキスト作成。
2023年11月30日に「キッズノミクス クイズで学ぼう、お金と経済」を発売。
「会計・IT・英語」があれば、なんとか食べていける」がポリシー。