「AIにも法が必要」AIの会社で働く人たちからのメッセージ

AIで「人類絶滅」も、オープンAIなどの現・元従業員が警鐘 | ロイター

米マイクロソフトが出資するオープンAIや、アルファベット傘下のグーグル・ディープマインドといった人工知能(AI)企業の現従業員と元従業員からなるグループが4日、AIがもたらすリスクについて公開書簡で懸念を示した。

最近、人工知能(AI)がどんどん進化しています。私たちの生活を便利にしてくれる一方で、AIには危険もあります。アメリカのマイクロソフトが支援するオープンAIや、グーグルのディープマインドといったAIの会社で働いている人たちが、AIの危険について心配しています。この記事では、その内容をわかりやすく紹介します。

AIの危険とは?

AIの会社で働く人たちは、AIがきちんとコントロールされないと大きな問題を引き起こす可能性があると言っています。例えば、以下のような危険があります。

  • 間違った情報が広がる:AIが作る偽物の情報が広まり、人々が間違ったことを信じてしまうかもしれません。
  • AIが勝手に動き出す:AIが人間の言うことを聞かずに、自分で勝手に動き出すととても危ないです。
  • 不公平がひどくなる:AIが一部の人にだけ良いことをすると、社会の不公平がもっとひどくなります。
AIの会社の責任

「AIの会社は、その技術の能力や限界について、政府や社会にちゃんと伝えるべき」と、今回メッセージを出した人たちは言っています。
今はその責任が十分に果たされていないとも考えています。会社が利益を優先して、効果的に監視されていないという指摘もあります。

どうすればいいの?

この問題を解決するためには、次のような対策が必要だと、AIの会社で働く人たちは言っています。

  • 透明性を高める:AIの会社は技術の詳細を公開し、みんなで監視することが必要です。
  • 規制を強化する:政府が適切な法律を作って、AIの利用を管理することが大切です。
  • 社会的な議論:私たち一人ひとりがAIの危険について理解し、みんなで話し合うことが求められます。
まとめ
  • AIには便利な面と危険な面がある
  • 間違った情報が広がったり、AIが勝手に動き出す危険がある
  • AIの会社の透明性を高め、規制を強化することが大切

AIはとても便利で、わたしたちの生活・暮らしを便利にしてくれます。そして進化をしていきます。私たちが便利さと同じくらい、その危険性も理解し、どうAIといっしょに暮らしていくべきかを考えることが大切ですね。
「危険だから使わない」ではなく、より効果的に使うことを「考える」ことができるのは、脳があるわたしたち人間ですからね。

【無料オンラインイベント】6/16(日)「第2回 クイズで学ぶ!お金と社会のつながり」
詳しくはこちらまで。

記事作成者

清水 裕矢 | Shimizu Yuya
清水 裕矢 | Shimizu YuyaProgress CFO / こども未来投資プロジェクト 代表理事
山口県防府市出身。関西外国語大学卒業後に学習塾講師、パソコン教室インストラクター/営業を経て、2006年に外資系産業ガス会社に入社。以降複数企業にて財務経理責任者やCFOを歴任。
こどもの金融リテラシー講座 CA$H! 講師/カリキュラム・テキスト作成。
2023年11月30日に「キッズノミクス クイズで学ぼう、お金と経済」を発売。
「会計・IT・英語」があれば、なんとか食べていける」がポリシー。