観光客で混雑する京都を救え!観光特急バス

観光特急バス、京都で運行始まる オーバーツーリズム対策 | 毎日新聞

 京都市は1日、清水寺など主要観光地に限って停車する「観光特急バス」の運行を始めた。市民の足となっている市バスがオーバーツーリズム(観光公害)で過度に混み合うこともあり、混雑緩和につなげる。

京都に行ったことがありますか?
有名な清水寺や銀閣寺、祇園など、観光客に大人気の場所がたくさん。でも、観光客が多すぎると、住んでいる人たちが困ってしまうこともあるのです。そこで、京都市は新しい「観光特急バス」を運行することにしました。

観光特急バス

京都市は6月1日から、新しい「観光特急バス」を運行し始めました。このバスは、清水寺や祇園などの観光地だけに停まるバスです。通常の市バスが観光客でいっぱいになって、市民が利用しにくくなるのを防ぐために導入されました。

オーバーツーリズムってなに?

オーバーツーリズムとは、観光客が多すぎて、地元の人の生活や自然が壊れてしまうことをいいます。たとえば、道が混んだり、ゴミが増えたり、静かな場所がうるさくなったりします。この問題は、世界中で見られる現象です。

観光特急バスのルート

新しい観光特急バスは、京都駅から清水寺、祇園、平安神宮、銀閣寺(まで走ります。土日祝日やお盆、お正月などに運行され、日本語、英語、韓国語、中国語の4つの言葉で案内があります。

観光特急バスの必要性

新型コロナウイルスの影響が収まり、多くの外国人観光客がまた京都に来るようになりました。そのため、市バスが観光客でいっぱいになり、地元の人が利用しにくくなっていました。この新しい観光特急バスは、観光客と市民の生活をうまく調整するために導入されたものです。

まとめ
  • 京都市が新しい観光特急バスを運行開始
  • 清水寺、祇園、銀閣寺などの観光地にのみ停車
  • 土日祝日やお盆、お正月に運行
  • 観光客の増加により市バスの混雑を緩和

観光特急バスの導入は、観光地が混みすぎる問題を解決するための工夫です。観光客が増えると、地元の商売は儲かりますが、同時に問題も増えます。お金を稼ぐことは大事ですが、他の人の生活に悪い影響を与えないようにすることも大切です。

自分たちの地域で観光客が増えるとどうなるかを、おうちの方と話し合ってみませんか。

【無料オンラインイベント】6/16(日)「第2回 クイズで学ぶ!お金と社会のつながり」
詳しくはこちらまで。

記事作成者

清水 裕矢 | Shimizu Yuya
清水 裕矢 | Shimizu YuyaProgress CFO / こども未来投資プロジェクト 代表理事
山口県防府市出身。関西外国語大学卒業後に学習塾講師、パソコン教室インストラクター/営業を経て、2006年に外資系産業ガス会社に入社。以降複数企業にて財務経理責任者やCFOを歴任。
こどもの金融リテラシー講座 CA$H! 講師/カリキュラム・テキスト作成。
2023年11月30日に「キッズノミクス クイズで学ぼう、お金と経済」を発売。
「会計・IT・英語」があれば、なんとか食べていける」がポリシー。