国「転職も起業も応援するよ!」

新しい資本主義、転職・起業で成長底上げ 労働市場改革 - 日本経済新聞

政府は6日、「新しい資本主義」の実行計画改定案を公表した。転職しやすい労働市場改革やスタートアップ支援に重点を置いた。賃上げを持続しつつ、成長産業への移動を促し…

政府は「新しい資本主義」の計画を改定しました。

日経新聞サイトより

これには、転職(仕事を変わる)しやすくなるようにしたり、起業(自分で会社を作ること)を応援したりする内容が含まれています。また、働く人の給料の金額を上げながら、成長する産業への移動を応援し、経済成長を助けることを目指しています。

具体的な取り組みとしては、働く人たちの学び直しや働き方の改善、仕事の内容に応じてお金がもらえる制度の導入などがあります。会社で働いていると、毎月給料から「労働保険」というものを払うのですが、払っていた人が会社をやめた時に国から払われる「失業給付」もこれまでよりも早く払うようにするという案もあります。

ただ、まだ問題も残っていて、例えば転職するときに年金が移せなかったり、解雇の規制が厳しいため企業が採用しにくかったりすることもあります。これらの問題を解決するためにも、さらなる取り組みが必要です。

この政府の方針を読んで、私はこどものみなさんに次の3つのことを考えてほしいと思います。

  1. 夢や興味を追求しよう
    「新しい資本主義」では、転職や起業をサポートします。自分の強み、得意なこと、将来の夢や興味のあることに積極的に取り組み、自分の才能を追求することが大切です。
  2. 学び続けることの重要性
    リスキリング(学び直し)が自分の能力向上や会社で活躍できることにつながります。常に新しいことを学び、成長を続けることで、将来の仕事の選択肢が広がります。
  3. 柔軟さと挑戦の意識
    働く環境、求められる力は常に変化しています。柔軟に考える力を持ち、新しい仕事や成長する産業に挑戦する意識を持つことが重要です。自分の能力や興味に合った道を探し、チャンスをつかみましょう。

記事作成者

清水 裕矢 | Shimizu Yuya
清水 裕矢 | Shimizu YuyaProgress CFO / こども未来投資プロジェクト 代表理事
外国語大学卒業後に学習塾小中学文系/高校英語講師、パソコン教室インストラクター/営業を経て、2006年に外資系産業ガス会社に入社。以降17年以上複数企業にて財務経理責任者やCFOを歴任。現在も複数企業の会計アドバイザー等を務める。
こどもの金融リテラシー講座 CA$H! 講師/カリキュラム・テキスト作成。
2023年11月30日に「キッズノミクス クイズで学ぼう、お金と経済」を発売。
『「会計」「IT」「英語」があれば、社会人人生なんとかなる』がポリシー。