東海電子の新提案!飲酒運転を防ぐ中古車販売スタート

「飲酒運転が絶対できない中古車」の販売スタート!東海電子が発表 | 自動運転ラボ

東海電子が、飲酒運転できないクルマ(中古車)の販売事業を2024年7月1日に開始。完全自動運転車が普及する時代になれば、そもそもドライバーの存在が必要なくなるため飲酒運転はなくなるが、それまでの「つな…

お酒を飲んで車を運転することは絶対にダメだってことはみなさんも知っていると思います。飲酒運転はとても危険で、毎年たくさんの事故が起こっています。
でも、もし飲酒運転が絶対にできないクルマがあったらどうでしょう?東海電子という会社が新しく始めた飲酒運転を防ぐ取り組みについて見てみましょう。

飲酒運転を防ぐクルマの登場

飲酒運転は大きな社会問題で、事故を防ぐために多くの取り組みがされています。東海電子株式会社は、飲酒運転ができないクルマの販売を2024年7月1日に始めました。

このクルマは、飲酒しているとエンジンがかからない「アルコールインターロック」という装置がついています。この仕組みによって、飲酒している状態での運転を物理的に防ぐことができます。

飲酒運転できないクルマの仕組み

2023年には、飲酒運転による事故が2,346件も起き、そのうち112件が死亡事故でした。飲酒運転を防ぐためには、クルマ自体が飲酒運転を許さないことが重要です。東海電子は、アルコールインターロックがついた中古車を「アルコールインターロック.com」というサイトで販売しています。

アルコールインターロックとは?

アルコールインターロックは、ドライバーが息を吹きかけてアルコールが検出されると、エンジンがかからない装置です。これにより、飲酒している人が運転することを防ぐことができます。この装置があらかじめ取り付けられた中古車を販売することで、多くの家庭や会社での導入が簡単になります。

自動運転技術と飲酒運転

将来的には完全自動運転車が普及し、飲酒運転そのものがなくなると期待されていますが、それまでの間、飲酒運転を防ぐための対策が必要です。東海電子は、自動運転が普及するまでの「つなぎ」として、飲酒運転できないクルマの普及に取り組んでいます。

飲酒運転を防ぐ意義

東海電子は「飲酒しない人が買う車ではありません。このクルマが必要なのは、飲酒運転をしてしまう家族を持つ人たちです。」と説明しています。この取り組みは、社会貢献とも言えるもので、多くの人々から賛同を得るでしょう。

まとめ
  • 飲酒運転できないクルマの販売が始まった
  • アルコールインターロック装置により、飲酒運転を防止する
  • 将来的な自動運転技術の普及までの「つなぎ」として重要な取り組み

また、他にも同様の取り組みが進んでいるニュースがあります。最近では、特定の新車モデルにアルコールインターロックを標準装備する計画が進行中です。この技術がさらに広がることで、飲酒運転の危険が減ることが期待されています。

今回の記事で紹介した飲酒運転できないクルマは、未来の安全な社会に向けた大切な一歩です。みなさんも、自動車の安全技術や飲酒運転について、家族と一緒に話し合ってみましょう。また、自動運転技術が普及するとどのような変化が起こるかも考えてみてください。安全な未来のために、私たち一人ひとりができることを考えてみませんか。

【無料オンラインイベント】8/25(日)「第3回 クイズで学ぶ!お金と社会のつながり」
詳しくはこちらまで。

記事作成者

清水 裕矢 | Shimizu Yuya
清水 裕矢 | Shimizu YuyaProgress CFO / こども未来投資プロジェクト 代表理事
山口県防府市出身。大学卒業後に学習塾講師、パソコンインストラクター/営業を経て、外資系産業ガス企業に入社。以降、複数企業・複数業種の財務経理責任者・CFO歴任。こどもの金融リテラシー講座 CA$H! 講師/カリキュラム・テキスト作成。
「会計・IT・英語があれば、仕事に困らない」がポリシー。nine inch nailsやMetal Coreを愛聴。